2010年06月11日

人工呼吸器のチューブに穴…殺人未遂で捜査(読売新聞)

 大阪府豊中市の病院で、入院していた同市内の無職女性(64)に装着されていた人工呼吸器の酸素用チューブに穴が開いているのが見つかり、豊中南署が8日、発表した。

 同署は人為的に開けられた可能性があるとみて、殺人未遂事件として捜査している。

 発表によると、5月31日午後10時頃、女性の病室前を通りかかった看護師が、「シュー」という音に気付いて調べたところ、チューブに穴が開いているのを見つけ、1日、病院関係者が同署に届けた。女性は意識不明で動けない状態だが、容体の悪化はなかったという。

年2回投与の骨粗鬆症治療薬が米国で承認取得(医療介護CBニュース)
民主代表選 樽床氏会見要旨 衆院の定数80減を実行(産経新聞)
[ケヤキ・庭石訴訟]元助役らに7億円賠償命令 福岡地裁
会期調整つかず 仙谷氏、亀井氏と会談(産経新聞)
玄葉氏入閣へ(時事通信)
posted by ナガサワ ヒトリ at 21:07| Comment(13) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。